【入ゼミ】2次募集を行います。 

大山耕輔研究会20期

2020年度慶應義塾大学法学部政治学科大山耕輔研究会の公式ホームページへようこそ!

大山耕輔研究会は、塾内で唯一「行政学」の分野と真剣に向き合い、
学ぶことができる研究会です。
《よく学び、よく遊ぶ》 を信条に、ゼミ生一同切磋琢磨しながら、
日々活動を行っております!
当ホームページを通して2020年度ゼミ活動や2021年度(21期)の入ゼミ情報など、
様々な情報を更新していきます。

ゼミ紹介


Created with Sketch.


大山耕輔研究会では、「ガバナンス (政府を監視する市民社会)」の視点から、主に行政学・公共政策の諸問題を考察しています。
行政や公共政策に関わることであれば何でも研究対象になり、研究対象に応じて多様なアプローチが可能であるなど、柔軟性の高さが魅力です。
ゼミ内の活動だけではなく、早慶合同ゼミ、中央大学とのディベート大会なども行っており、他大学との学生と交流する機会にも恵まれています。
大山ゼミ20期には計13名(男子8名+女子5名)が在籍しています。「よく学び、よく遊ぶ」をモットーに、様々なゼミ活動すべてを楽しんでおります。

  •  ゼミ活動

  【3年生】
 ・本ゼミ(水曜4限)
本ゼミでは、行政学の研究書や論文の輪読を行います。毎週予め報告者と討論者をそれぞれ2名ずつ決め、この4名を中心にゼミ生全員で議論をする形式です。院生や教授からもアドバイスをいただき、より内容の濃い議論を展開しています。教授のお話を聞くことのできる貴重な機会となっています。
先行研究の批判的検討をまず行うという視点から輪読・討論を行い、得られた知識や見解を目的や目標である三田祭論文・卒業論文の執筆に活かしています。
 
2020年度春学期の課題文献
1. 伊藤修一郎(2020)
  『政策実施の組織とガバナンスー広告景観 規制をめぐる政策リサーチー』
2.小田勇樹(2019)
 『国家公務員の中途採用ー日英韓の人的資源管理システムー』

 ・サブゼミ(水曜5限)サブゼミでは、三田祭論文発表に向け、ゼミ生で打ち合わせや議論、調査を行い、執筆作業を進めます。全員で分担執筆を行い、完成した論文は三田祭で発表するとともに『政治学研究』に寄稿します。 

*2020年度春学期はすべてのゼミ活動をオンライン上で行いました。

【4年生】各自が卒業論文の執筆を行います。中間報告を繰り返し、コメントをいただきながら、卒論を仕上げていきます。よい卒論については、『政治学研究』に発表するよう指導が行われます。 

【他大学との交流】大山ゼミの特徴とも言えるのが、他大学の学生との交流機会が多いことです。7月初旬には早稲田大学の縣ゼミとの合同ゼミを開催し、それぞれの研究の中間発表を行います。大山ゼミでは三田祭論文の中間発表をします。ゼミの同期だけでは行き詰まってしまう場面でも, 異なる境遇の学生と触れ合うことで新しい考え方ができるようになります。大山ゼミでは、そのような交流を大事にしています。 (今学期はオンライン上での合同ゼミを開催しました)

【ゼミ合宿】大山ゼミでは夏と春の2回、長期休み中にゼミ合宿を行います。勉強はもちろんのこと、レクリエーション、飲み会、BBQなど、遊びも両立する合宿です。先輩や教授と親睦を深める良い機会でもあります。勉強面では、4年生の卒論中間発表や三田論の中間発表などを行います。(2020年度は、コロナウイルス感染拡大防止のため、オンライン上での報告会を行いました)